首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > 任意売却のメリット、デメリット

任意売却のメリット、デメリット


当社は任意売却を主な事業として取り扱っておりますが、まだまだ任意売却という売却方法の認知度は低いです。

何も知らないとあなたにとって最もデメリットの大きい「競売」という手続きに進んでしまいますので、そうならないためにも任意売却のメリットとデメリットについて知っておいて下さい。

こちらでは、任意売却のメリットやデメリットについて詳しく紹介します。

目次

01.任意売却のメリット

02.任意売却のデメリット

まとめ

01:任意売却のメリット

市場に近い金額で売却できる

通常を不動産の売却方法と同じなので、競売のような強制的な売却より市場価格に近い金額で売却することが可能です。

任意売却後の住宅ローンの返済に充てられる額が多くなるので、借金の額を少しでも減らすことが可能。

周辺の住人に知られることなく売却可能

任意売却は通常の取引と同じ方法で売却するため、周囲に住宅ローンの滞納があったことを知られることなく売却できます。

万が一競売が開始されたとしても、債権者から任意売却に関する合意を得て競売を取り下げてもらう事もできます。

取り下げられた情報は削除されますので、閲覧ができなくなります。

自己資金を用意する必要なし

通常の取引の場合、売却に関する諸費用は手持ちの資金から支払うことが一般的ですが、任意売却の場合、不動産を売却した金額から諸費用を支払うことが認められています。

残った残債は分割返済することができる

自宅を売却してもなお残債が残り一括で返せない場合、分割支払いをすることができます。

これまでと同条件で返済することができれば良いのですが、これまでの条件での支払いが難しくなり任意売却という方法をとっているのですから、これまでの条件を軽くした上で分割支払いとすることができます。

現在の収入や生活状況を考慮した上で、現実的な返済方法を取ることが可能です。

今の家に住み続けることも可能

家族の誰かが病気などで引越しすることが困難な場合、今の家に引き続き暮らすことも可能です。

親族の方に購入してもらう、投資家に買い取ってもらい賃貸として家賃を支払って住み続けるという方法です。

引越し費用を交渉して、融通してもらえる可能性がある

債権者との交渉承認の上、引越し費用を売却代金から融通してもらうことができます。

引越し費用の他には賃貸の家賃や敷金礼金、仲介手数料等があります。

賃貸住宅を借りる場合、地域によって異なりますが、家賃の3ヶ月~5ヶ月前後の費用が必要となります。

例えば家賃5万円の部屋なら25万円の費用が必要になりますので、この諸費用を支払う費用として最大25万円融通してくれます。

02:任意売却のデメリット

自分で不動産会社に依頼をする必要がある

競売の場合であれば、債権者が裁判所に申し立てをしてどんどん勝手に話を進めていきますが、任意売却の場合は任意売却する人自身で不動産会社に依頼していかなければなりません。

債権者の同意が必要

住宅ローンよりも低い金額で売却をしても良いかどうか債権者の承諾が必要となります。

また承諾を得てからも売却額を決定するためには個人では出来ないため、専門の業者に依頼することが必要です。

連帯保証人に迷惑がかかる

住宅ローンを滞納すると連帯保証人に請求がいくことになります。

この時に連帯保証人が返済をしてしまった場合、任意売却はできません。

任意売却する場合は、連帯保証人に返済しないように協力してもらわなければなりません。

競売にかかる危険性がある

任意売却で販売をしているが、長期間売却できずにいると、競売に掛けられるというリスクがあります。

競売での売却になると残債を一括返済しなくてはならない場合もあります。

信用情報にのってしまう

一般的にブラックリストと呼ばれるものです。

一度ブラックリストに載ってしまうと、当面の間、ローンはおろかクレジットカードなども作ることができなくなってしまう。

まとめ

任意売却は競売に比べ手間がかかりますので、迅速に手続きを進めていく必要がありますが、売却額はほぼ市場と変わらないので、住宅ローンの残債が多い人にとっては最大のメリットになるでしょう。

すでに競売にかかってしまっている場合には、選択の余地はありませんが、時間的に余裕があるという方には任意売却をすることをお勧めします。

また、任意売却をする場合には、専門の業者に相談するようにしましょう。