首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > そのまま住み続けたい(リースバック)

そのまま住み続けたい(リースバック)


住宅ローンを支払えなくなって、現在の住宅を売却しなければならないという状況になっても、「自宅を離れるのは嫌だ」という人は少なくありません。

普通に考えると、自宅を売った後に住み続けるということは出来ないと思うかもしれませんが、リースバックという手続きをすれば住み続けることも出来ます。

リースバックは任意売却との相性が良い手続きなので、こちらではリースバックについてご紹介します。

目次

01.リースバックとはどのような手続きなのか?

02.任意売却と合わせてリースバックをすることは可能?

03.リースバックがオススメな状況とは

まとめ

01:リースバックとはどのような手続きなのか?

最近では耳にする機会が増えてきた「リースバック」という言葉ですが、この意味は「固定資産を売って、リース(レンタル)して利用する」という意味があります。

不動産業界で使われることが多い用語ですが、飛行機や列車といった資産もリースバックで活用されることもあります。

簡単な流れとしては、下記の通りになります。

1. 自分の不動産を売却する

2. 売却した不動産を借り入れるリース契約を結ぶ

3. 賃貸として売却した家に住み続ける

このような流れになっていて、リースバックの一番のメリットは、売却することによって住宅ローンを完済して、住宅ローンとして返済していた金額よりも安い金額で賃貸物件としてそのまま住み続けるということです。

02:任意売却と合わせてリースバックをすることは可能?

当社に相談される方の中には、「住宅ローンの返済が難しいが、そのまま住み続けたい」という要望を持って訪れる方も大勢います。

その際に当社がオススメするのが、「任意売却と併用してリースバックをする」ということになっていて、早期に相談をして頂ければ、問題なく要望に応えることが出来ます。

任意売却という手段で不動産を売却することによって、市場価格に近い金額で売却することが可能で、さらに売り主の求める条件に合致した買い主に売却することも可能です。

もちろん、リースバックを希望されている場合は、任意売却をする際の要望として提示して頂ければ問題ありませんので、気になることは全て相談して下さい。

03:リースバックがオススメな状況とは

リースバックをする際にオススメの状況というのは、主に下記の2つの条件が満たされるケースです。

・ 同じ家に住み続けたい

・ 金銭的な問題で自宅を売却しなければならない

この2つの条件が両方とも満たした場合にリースバックがオススメとなります。

例えば、よくあるケースとしては、相続対策として親から子へ自宅を譲り渡すケースや、高齢で相続者が居ないために、自宅を売却して賃貸で住み続けたいというようなものがあります。

また、任意売却と組み合わせるケースでは、住宅ローンの返済が厳しいために住宅を売却しなければならない状況になったが、仕事や家族の状況から今の自宅の場所から引っ越すのが難しいという場合によくあります。

このような場合でも早期に相談をして頂ければリースバックを利用することは可能なので、まずは相談をして下さい。

04:まとめ

近年では、家族の事情や金銭的な問題によってリースバックという選択をする方が増えています。

どのような理由でリースバックをする場合でも、ご相談者にとっては切実な問題です。

私たちは、ご相談者様の希望をお聞きしてリースバックを進めていきます。