首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > 離婚・財産分与

離婚・財産分与


昨今の日本では、結婚をする割合が減ってきたとされていて、生涯未婚率も年々上昇していますが、その状況でも3組に1組は離婚をすると言われています。

そして、離婚率と比例するかのように、離婚前または離婚後の任意売却の相談が後を絶ちません。

結婚をするときには2人の思いが通じ合っていれば問題ありませんが、離婚をするとなると子どものことやお互いの親や仕事のことなどの問題があるケースも多いです。

また、当然のことながら財産分与などのお金に関する問題もあります。

結婚後に自宅を購入していた場合は、離婚した後の住宅ローンの支払いや名義はどうするのかという問題もありますので、その場合は当社に相談をして下さい。

目次

01.離婚に際しての任意売却の相談でよくあるケース

02.離婚をする際に任意売却をしたほうが良い理由

まとめ

01:離婚に際しての任意売却の相談でよくあるケース

離婚をする際の任意売却の相談で、よくあるケースは主に下記の3点です。

・ 任意売却は離婚の前にするのが良いのか、後にするのが良いのか

・ 離婚して1人になると住宅ローンを払うことが出来ない

・ 住宅ローンを払ってくれる約束だったのに払ってくれなくなった

このような内容が多くなっています。

それでは、1つずつ順番に紹介していきましょう。

まずは、任意売却をするのは離婚の前か後かという問題についてですが、こちらは出来ることならば離婚前に任意売却の手続きをするのが良いでしょう。

離婚後となると、2人は赤の他人となりますので別居することが多く、下手をすると連絡が取れない状況になることも珍しくありません。

そうなると任意売却の手続きをするのも難しくなりますので、2人の合意が取れている場合には、離婚前に任意売却の手続きをすることをオススメします。

次に、離婚後に1人で生活をすることになると住宅ローンを支払うことが出来ないというケースです。

こちらは、住宅ローンを支払うことが難しいと判断した時点で相談をして頂ければ任意売却の手続きをすることは可能ですが、上記の問題と同じく、名義が共同名義などになっていると手続きが難しくなりますので早急に、相談してください。

最後に、こちらが最も多い相談となっていますが、離婚後に財産分与として住宅をもらい、住宅ローンを支払ってもらうという約束だったが、その約束を反故にされたというケースです。

こちらは任意売却と別の手続きが必要になるのですが、当社にご相談頂ければ専属の弁護士とともに解決することが出来ます。

02:離婚をする際に任意売却をしたほうが良い理由

離婚する際に最も揉める内容というのが、お金や財産に関する問題です。

今までは2人の収入で生活をしていたのが1人分の収入で生活をすることになるために、金銭的なトラブルが発生する可能性は非常に高いです。

そのような状態で住宅ローンという大きな出費を抱えていると生活が破綻する可能性が高いために、離婚する際には住宅を売却して新生活をスタートさせたほうが良いでしょう。

また、家族で住むには手狭に感じていた自宅も、1人になると広すぎるように感じることも多いです。

このような場合に、先行きの目処が立たない場合は早急に売却することが最善策となります。

03:まとめ

離婚や財産分与に関する問題というのは当事者間で行われる問題のために、第三者が介入することを嫌う人が多いです。

しかし、当事者だけで話し合いをしても平行線で先に進まないというようなケースも非常に多いので、そのような場合には第三者が介入することでスムーズに話が進むこともあります。

当社に、ご相談頂ければ、専属の弁護士と合わせて民事的な問題にも対処することが出来ます。

当然のことながら自宅の売却や、今後の生活の基盤とするための住宅のご案内などもすることが出来ますので、住宅に関する問題で悩んでいる方はいつでも相談をしてください。

相談の際に費用が発生するというようなこともありませんので、気軽にご相談頂ければ幸いです。