首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > ローンの返済が苦しい(滞納など)

ローンの返済が苦しい(滞納など)


当社に相談に来られるお客様の大半は「住宅ローンの返済に苦しい」という状況で相談される方が多いです。

住宅ローンの返済が滞ったままで放置していると、そのまま競売に掛けられてしまいます。

競売になると本人にとっても住宅ローンを契約している金融機関にとっても大きなデメリットとなりますので、住宅ローンの返済に先行きが見えない場合は、お早めに任意売却を検討して下さい。

目次

01.住宅ローンが払えないとどうなるのか?

02.ローンの返済で苦しいと思ったら相談するだけで解決できる

03.早期に相談して頂ければ任意売却以外の解決法を提示できることもある

まとめ

01:住宅ローンが払えないとどうなるのか?

住宅ローンが払えないと最終的には担保として登録している住宅が競売に掛けられてしまいます。

1ヶ月程度の延滞の場合は、毎月の返済金と延滞金を合わせた金額を入金すれば問題ありませんが、2ヶ月以上の延滞となると金融機関が「支払いが出来ないのでは?」と判断することもあります。

そうすると、債権回収会社へ債権が譲渡されて、住宅ローンの契約者に代位弁済の通知が送られてきます。

代位弁済の通知が送られてくると、毎月の分割払いではなく一括での返済が要求されるようになるために、毎月の給料やボーナスから住宅ローンを返済するということが不可能になります。

この場合は、住宅を売却して住宅ローンの返済に充てるしか無いのですが、住宅ローンが残っている状態だと通常の方法では売却することが出来ません。

そのため、任意売却という手段を使う必要があります。

02:ローンの返済で苦しいと思ったら相談するだけで解決できる

住宅ローンの返済を延滞していて、代位弁済の通知が来てから行動するというのは最後の手段となっていて、実は通知が来る前に行動を起こしていれば助かったというケースは沢山あります。

例えば、住宅ローンの返済が厳しくなってきて、ボーナスカットや給与の減少などがあり今後も支払いが厳しくなることが予測できていれば、住宅ローンを契約した金融機関と交渉をしてローンの返済額を調整することが出来る可能性もあります。

もちろん、個人で交渉をして上手くいくというケースは稀なので、その場合には当社に、相談をして頂ければ幸いです。

当社では不動産関連に強い弁護士とも連携をしていますので、住宅ローンの問題で不安があれば気軽に相談をして頂ければ解決できる可能性は高いです。

03:早期に相談して頂ければ任意売却以外の解決法を提示できることもある

住宅ローンの返済で困っている際の解決方法としてポピュラーなのが金融機関との交渉によって返済スケジュールを変更するというものです。

しかし、普通はどのように交渉すれば良いのか分からず、そのまま住宅ローンが返済できなくなって競売に掛けられてしまうというケースが多いです。

また、現在利用している住宅ローンよりも毎月の返済額が少ないローンプランに変更するということも交渉が出来ます。

こちらも金融機関との交渉が必要となっていますが、当社に相談をして頂ければこのような方法で解決できることもあります。

ポイントとしては、早期に相談をして頂く必要がありますので、「今のままだと住宅ローンの返済を続けるのが難しい」という場合は、すぐに相談をして下さい。

04:まとめ

近年は長引く不況によって、住宅ローンの返済が滞ってしまうという人が非常に増えています。

住宅ローンの返済が滞ってしまった状態で放置していても良いことは何もありませんので、解決するために行動を開始しなければいけません。

どのように行動を起こせば良いのか分からないというは、まずは当社に相談をして下さい。

相談に関して何かの費用が掛かるという心配もありませんので、費用の面でも、ご安心ください。