首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > 任意売却の費用

任意売却の費用


当社に相談される方で、最も気になるポイントと言っても過言ではないのが「費用の問題」だと思われます。

住宅ローンの返済が難しくなり、金銭的に困窮してくると真っ先に思い浮かべるのが「自己破産をする」ということだと思われますが、自己破産について弁護士に相談するだけでも数千円以上の料金が掛かることも珍しくありません。

そのため、任意売却の相談をする際にも料金が発生すると勘違いしてしまいがちですが、当社への相談に関しては一切の費用を頂いておりませんので、ご安心ください。

こちらでは、任意売却をする際には、どのような費用が発生して、どのように手続きが行われるのかということについて、ご紹介します。

目次

01.任意売却をする際には、どのような費用項目があるのか

02.任意売却が成立しなければ費用は発生しない

まとめ

01:任意売却をする際には、どのような費用項目があるのか

まずは任意売却をする際には、どのような費用が発生するのかということについて確認していきましょう。

任意売却を希望される方の多くは、住宅ローンの返済に困窮している方となっていて、そのほとんどが税金や保険料も合わせて滞納しているケースが多いです。

・ 固定資産税

・ 住民税

・ 保険料

・ マンションの場合は管理費や修繕積立金など

・ 住宅ローンの残債務

これらの滞納している費用に関しては、任意売却が成立した際の売却代金から配分されて相殺される仕組みになっています。

次に、任意売却をするためには住宅に掛けられている抵当権を抹消して登記しなければいけませんが、その費用も売却代金から捻出されます。

そして、住宅を売却する方が新生活をスタートさせるための引越し費用を希望される場合は、交渉次第で売却代金から捻出することが出来ることもあります。

最後に、不動産会社へ仲介手数料を売却代金から支払って、残債務が無ければ残った代金が売り主の取り分となります。

このように、任意売却に掛かる費用や滞納していた税金や住宅ローンというのは全て任意売却をして売れた代金から捻出されることになりますので、相談された方が新たに出費しなければならないものは何もありません。

そのため、ご相談の際にも安心してご利用ください。

02:任意売却が成立しなければ費用は発生しない

任意売却の手続きの際に発生する費用は、全て売却した代金から捻出されるということは、「任意売却が完了しなければ費用は一切発生しないのか?」と疑問に思われるかもしれません。

この問いかけに対しての答えは「はい」となり、当社としては任意売却を成立させないと骨折り損のくたびれ儲けとなります。

注意点としては、相談する任意売却業者の中には、相談料やコンサルティング料金などの名目で費用を請求されてしまう場合もありますので、その点に関しては注意しなければいけません。

また、任意売却が成立した後に、成約後料金として不動産売却手数料以上の料金を支払うように要求する不動産会社もあります。

何も知らなければ業者の言いなりになって払わなくても良い費用を支払うこともありますので、その点に関してはお気をつけ下さい。

03:まとめ

任意売却に限らず、何かの手続きをする際にどのような費用が発生するのかということについては気になるポイントだと思われます。

当社の場合は、任意売却が成約するまでに発生する費用がゼロとなっていて、さらに任意売却の成約後に頂く手数料についても売却代金の中から支払って頂きます。

そのため、任意売却のご相談や手続きが開始した時点でも発生する費用はありませんので、その点についてもご安心ください。