首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > 成約後について

成約後について


任意売却の成約後は今までの生活と一変する人が多いです。

特に、生活の基盤である住宅を引っ越した人の場合は毎日の通勤や子どもの通学、生活用品を購入しているスーパーマーケットなども変わります。

その他にも、今までは住宅ローンを払って生活していたのが、基本的には賃貸物件に住んで生活をしていくことになるので、金銭的な点でも大きく変化するでしょう。

こちらでは、任意売却の成約後にはどのように生活が変化するのかということについて紹介します。

目次

01.任意売却の成約後に残債がゼロになった場合

02.任意売却の成約後に残債がある場合

03.任意売却の成約後の環境について

まとめ

01:任意売却の成約後に残債がゼロになった場合

任意売却というのは、競売と比較すると遥かに高額で住宅を売却することが出来る手段です。

そのため、競売だと住宅ローンを完済できなかったものが、任意売却にすることによって任意売却後の残債がゼロになることも多いです。

残債がゼロになり、新しい賃貸物件で新生活をスタートするというのが、一般的な任意売却の成約後の生活となります。

02:任意売却の成約後に残債がある場合

任意売却の成約後に残債がある場合は、新生活をスタートさせながら残った債務の返済を続けていくということになります。

新生活をスタートさせて住むことになる家の家賃と残債の返済と考えると支払う金額が多いように見えるかもしれませんが、残債の返済については交渉次第で月々の返済額を今よりも減らせる可能性がございます。

新しく借りる賃貸物件の金額によっても異なりますが、よほどのことが無い限り、住宅ローンを返済していた頃よりも月々の支払額は減少します。

03:任意売却の成約後の環境について

任意売却の成約後というのは、冒頭でも紹介したように生活が一変してしまうケースも少なくありません。

しかし、相談された皆様が口を揃えて仰って頂けるのが「今までの生活よりも楽になった」という言葉です。

住宅ローンに追われている状況というのは精神的にも疲弊していて家庭内でもピリピリとしたムードが漂っているケースが多いです。

任意売却の成約後というのは購入した住宅は失ってしまいますが、生活に関しては今までよりも気軽な気持ちで過ごすことが出来るようになるので、「任意売却をして良かった」という人が多くなっています。

04:まとめ

日本では、住宅を購入することが一国一城の主になると考えている人が多いです。

その住宅を売却するということに気持ちが切り替えられないという人も多いですが、成約後に関してはホッとした顔をして話される方が非常に多くなっています。

まだ、任意売却の手続きを開始していない人にとって、住宅を売却するというのは忌避感が強いかもしれませんが、現状の生活とそのままの生活を続けていった近い未来のことを検討してご相談頂ければ幸いです。

当社では、任意売却の相談での料金などは一切頂いておりませんので、現状で相談する費用がないという方でもご安心ください。