首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > 親子や親族間での買い戻しについて

親子や親族間での買い戻しについて


任意売却の手続きをされる際に、親子間や親族間で買い戻しをしたいという相談も多いです。

このような取引を「任意売却の親子間売買」と呼ばれていますが、元の所有者が住み続けることからリースバックに分類されることもあります。

親や子ども以外の親族間で手続きをする場合は親族間売買と呼ばれることもありますが、簡単に言えば任意売却の手続きを自分の身内の中で完結させるということがポイントです。

目次

01.親子間売買のメリット

02.親子間売買のデメリット

03.親子間売買の注意点

まとめ

01:親子間売買のメリット

親子間売買の最大のメリットというのは、リースバックと同じように、今まで住んでいた家に住み続けることが出来るということです。

また、住宅ローンの支払いと異なり、家賃を払いながら住むということになりますので、今までよりも出費が安くなるというのもメリットの一つとなっています。

この2つのメリットだけならリースバックの手続きと変わりませんが、親子間売買や親族間売買の場合は全ての手続きが身内の中で完結してしまうために外部に経済状況を知られてしまう心配もありません。

02:親子間売買のデメリット

所有者にとってメリットの多い親子間売買ですが、デメリットがないということでもありません。

デメリットの大部分は金銭的な問題となるのですが、所有者が親や子ども、親族に任意売却をする場合、住宅を購入する側は住宅ローンを利用して購入するというケースが多いです。

現金一括で支払いが出来るというような場合は何の問題もありませんが、住宅ローンを組むという場合、金融機関が住宅ローンの契約を嫌がることも多くなっています。

これは、悪用しようと思えば不当な金額で売買されてしまう恐れもあるために、金融機関が詐欺に巻き込まれるような形になってしまうためです。

もちろん当社では親子間売買の成功事例が数多くありますので問題になるケースは少ないですが、このようなデメリットがあるということだけは知っておいてください。

03:親子間売買の注意点

最近ではインターネットなどで知識を仕入れて、そのまま実行しようとする人が多いです。

親子間売買の任意売却でも同じようになっていて、確かに債権者や金融機関との交渉が上手く出来れば当社のような専門家に頼らなくても手続きを進めることは可能です。

しかし、ここで注意しなければならないのが「失敗した際のリスクについて知る」ということです。

親子間売買での任意売却をする際のリスクというのは、「融資が断られてしまうと金融機関に断られたという履歴が個人情報として残る」ということです。

「専門家に相談する前に、まずは自分でやってみよう」と考える人は多いですが、このように履歴が残ってしまうと、その後に専門家へ相談をしても売買が成立できなくなってしまうことがあります。

そのため、親子間売買を希望している場合は、自分で金融機関や債権者と交渉する前に当社のような専門家に相談をしてください。

04:まとめ

住宅ローンの返済が難しくなったために、親子間や親族間で任意売却をして、その後は賃貸として同じ家に住み続けるということは可能です。

通常の任意売却でのリースバックと違って、全てが身内の中で完結するので抵抗がないという人も多いでしょう。

そして、身内の中で完結してしまうために不動産の売買というものを甘く見てしまう人が多いのも事実です。

正しい手続きをすればトラブル無く完了したものが、先走ってしまったために手続きが出来なくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、まずは当社に電話かメールでご相談ください。

相談に関しては費用が一切発生しませんので、その点に関してもご安心ください。