首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > 債権回収会社について

債権回収会社について


住宅ローンの延滞などが続いていると、債権回収会社やサービサーから通知が送られてくることになります。

会社名などを確認しても見覚えのない会社なので、詐欺などを警戒して無視するという選択をする人が少なくありません。

しかし、債権回収会社からの通知を無視していると大変なことになるので注意してください。

こちらでは債権回収会社の特徴や、通知が送られたときの注意について、ご紹介します。

目次

01.債権回収会社(サービサー)とは

02.債権回収会社から書類が送られたときの注意

まとめ

01:債権回収会社(サービサー)とは

債権回収会社はサービサーと呼ばれることもありますが、主な業務というのは「金融機関から委託されて、債権の回収をすること」となっています。

例えばカードローンや住宅ローンなどの返済が滞ると、金融機関は信用保証会社へと債権を譲渡することが多いです。

そして、債権を譲渡された信用保証会社が委託している債権回収会社へ、債権の回収を命じるというのが一連の流れとなります。

02:債権回収会社から書類が送られたときの注意

債権回収会社というのは、ローンの利用者が返済を滞らせることで活動を開始する会社ということになりますが、ここでいくつか注意しなければならないことがあります。

・ 本当に正式な債権回収会社なのか調べる

・ すぐに連絡をして今後の対策を講ずる

・ 自分だけで対処できないときは専門家を頼る

これらのことが挙げられます。

特に最も注意しなければならないのが、通知を送った企業が本当に債権回収会社なのか調べるということです。

最近では特殊詐欺の手法も色々とありますので、債権回収会社を騙った詐欺も増えています。

債権回収会社というのは、法務省が認可しないと営業できませんので、法務省の公式サイトには現在登録されている債権回収会社の名前が一覧で表記されています。

そちらで確認をしてみて、表記がない企業の場合は通知を無視するのが一番良いですが、登録されている企業の場合はすぐに対策を講じなければいけません。

対策を講じる際には、自分だけの力で解決しようとするのではなく、当社のような専門家にご相談頂ければ解決への道のりがスピードアップします。

03:まとめ

普通に生活をしていると名称自体を知らない人も多い債権回収会社ですが、放置しておくと自宅を競売に掛けられたり、強制執行によって財産を差し押さえられたりすることもあります。

一般人から見て債権回収会社が何を出来る企業なのかと考えると、「法的な手段で財産を回収できる会社」と考えておけば問題ないでしょう。

何もしなければ自分の財産を失ってしまうだけとなりますので、対策をしなければいけません。

要求されている債務の支払いが不動産に関することならば、当社にご相談頂ければ専門家チームが対応しますので、ご安心ください。

また、相談の際に掛かる費用などはございませんので、その点についても、ご安心してください。