首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > 競売・差し押さえ

競売・差し押さえ


裁判所から競売の申立通知が自宅に送られてきてどうすれば良いのか分からないという方も多いと思われます。

日常の生活の中で裁判所から何かの通知が送られたり、金融機関から督促状が送られたりする経験をしたことがある人も少ないと思われますが、何かのアクシデントが起こった場合には、何をすれば良いのか明確にしなければいけません。

こちらでは、競売や差し押さえの通知が送られた際にはどのような行動をすれば良いのかということについて、ご紹介します。

目次

01.自宅の競売だけは絶対に避けなければならない

02.競売開始の通知が来てからは時間との勝負

まとめ

01:自宅の競売だけは絶対に避けなければならない

裁判所から競売開始決定の通知が送られてきて、そのまま放置していると自宅は競売に掛けられてしまいます。

この際に、絶対に阻止しなければならないのが「自宅を競売に掛けられる」ということです。

残念ながら、競売開始決定の通知が届くような自体になった場合は「自宅を売却する」ということに関しては避けられないケースが多いです。

ここで注意してもらいたいのが、「競売というのは居住者にとって最もデメリットの多い売却方法である」ということです。

競売に掛けられた場合のデメリットとしては、下記の項目が挙げられます。

・ 相場よりも安い金額で売却される

・ 引越し費用や新居を借りる費用などを一切受け取れない

・ 残債務の返済についての交渉も出来ない

・ インターネットや新聞などで個人情報を掲載されてしまう

・ 税金などの滞納がそのまま残る

・ 強制的に立ち退かなければならない

このようになっていて、ただでさえも売却金額が低いのに、さらに追い打ちをかけるかのように債務者にトドメを刺すような手続きが競売です。

競売ではなく、任意売却ならば上記のデメリットを全て覆すことが出来ます。

競売の開始決定通知が送られてくると任意売却をすることが出来ないと勘違いしている人も多いですが、すぐに相談をして頂ければ任意売却を完了することが可能なケースもあります。

02:競売開始の通知が来てからは時間との勝負

裁判所から競売開始決定の通知が送られてきてから任意売却の手続きを進める場合は、時間との勝負となります。

入札が開始されてしまうと競売の手続きを差し戻すことが難しくなりますので、現実問題として任意売却が出来ないケースが多いです。

しかし、競売開始決定の通知から入札が開始されるまでには少しの猶予がありますので、その間に任意売却をすることが出来れば最悪の事態は避けることが出来ます。

競売開始の通知が届いて何をすれば良いのか分からないという方も、今すぐに電話またはメールで相談をして下さい。

03:まとめ

裁判所や金融機関から競売や差し押さえなどの通知が送られてくると諦めてしまう人が多いです。

確かに、今まで培って育ててきたものが崩壊する状態で冷静な判断をするのは難しいかもしれません。

しかし、そのまま放置していると当人にとっては最悪のケースで物事が進行していくことは止められませんので、まずは電話やメールなどで相談をして下さい。

相談をする際に費用などは一切かかりませんので、その点に関してもご安心ください。