首都圏(一都三県)の任意売却無料相談・住宅ローン返済や滞納なら信頼と実績の「ご利益不動産」へ

任意売却を無料相談

ホーム > 任意売却とは

任意売却とは


任意売却という言葉を耳にしたことはありますか?

恐らくですが、多くの人は「無い」と答えると思います。

こちらでは、任意売却という手続きの意味や通常の不動産売却との違い、

任意売却をすることの意味などについて紹介していきましょう。

目次

01.任意売却とはどのような売却方法なのか?普通の不動産売却との違いとは?

02.任意売却は競売になる前の最後の手段

03.債権者も競売よりは任意売却を推奨している

まとめ

01:任意売却とはどのような売却方法なのか?普通の不動産売却との違いとは?

まずは任意売却の意味について紹介します。

任意売却というのは、簡単に言えば「所有者の任意のタイミングで不動産を売却するための手法」です。

そんな手続きをしなくても、「自分の住宅なのだから好きなタイミングで売却すれば良い」と考える人も多いかもしれませんが、不動産を売却する際には絶対に守らなければならない条件があります。

それは「住宅ローンを完済している」ということです。

一般的に、住宅を購入する際には銀行や金融機関で住宅ローンの手続きをして、毎月の返済をしながら購入した住宅で生活をすることになります。

住宅ローンを返済している状態というのは、住宅の購入が完了していないという状態になるために、購入が完了していないものを売却することは出来ません。

そのため住宅ローンが残っている状態だと通常の不動産売却の手続きをすることは出来ませんが、任意売却の場合は所有者の好きなタイミングで不動産売却が出来るので住宅ローンが残っていても住宅を売却できるということです。

02:任意売却は競売になる前の最後の手段

住宅ローンが支払えない状態が続くと、債権者(住宅ローンを利用している銀行や金融機関)は住宅ローンの全額一括返済を要求してくるようになります。

これは住宅ローンを契約した際の書類にも記載されていることですが、一般的に住宅ローンというのは「分割で支払う契約」となっていて、契約が反故された場合は債権者が一括で請求できるという仕組みになっています。

当然のことながら、分割のローンを支払うことも出来ないのに、一括請求されたローンを支払える人なんて居ないでしょう。

そうするとどうなるのかというと、債務の返済を強制的に執行するために、住宅ローンを契約した際に担保として設定した不動産が競売に掛けられることになります。

このように、強制的に不動産を売却させられるのが競売の特徴ですが、住宅が競売に掛けられてしまうとデメリットしかありません。

任意売却というのは、競売に掛けられる前に実行できる最後の手段だと覚えておいて下さい。

03:債権者も競売よりは任意売却を推奨している

競売に掛けられると大きなデメリットがあるのは債務者だけではなく債権者も同じことが言えます。

債務者が被るデメリットというのは、任意売却よりも遥かに安い金額で売却させられるために、残る債務が多くなってしまいます。

さらに、競売に掛けられると新聞やインターネット上に情報が公開されて、住宅調査のために近隣住民へ聞き取り調査が行われることも多いために、近所の人や友人・知人に自宅が競売に掛けられたことが知られてしまうリスクがあります。

また、売却代金は全て住宅ローンの返済に充てられるために、身一つで投げ出されると言っても過言ではありません。

このように債務者にとってデメリットの大きい競売という手続きですが、債権者にとってもマイナス要素が大きいです。

債権者の立場に立って考えると、債務を回収できれば良いということになりますが、任意売却と違って競売の場合は売却金額も低いために全ての債務を回収するのが難しいです。

しかし、任意売却の場合だと売却金額が大きくなるために、ほとんどの債務を回収することが出来ます。

また、競売というのは債権者から申し立てをすることによって手続きができるという仕組みになっていますが、この申立をする際にも80万円~100万円超という安くない金額を支払わなければいけません。

このように、債権者である銀行や金融機関から見ても債務者には競売よりも任意売却の手続きをして欲しいと考えているのです。

04:まとめ

任意売却という聞き慣れない言葉を理解するのは難しいかもしれませんが、簡単に考えるのならば、「住宅ローンの返済が難しくなった状態で生活を改善できる最後の手段」だと考えて下さい。

任意売却の場合は競売と違って引越し費用を売却代金から捻出してもらうことも可能ですし、売却後に残った債務の返済に関しても今までの住宅ローンの返済よりも金額を低くしてもらうことが出来ることもあります。

ご利益不動産では、不動産の任意売却サポート業務を行っております。

相談は無料となっていて、専任の弁護士に任せることも出来ますので、まずはお気軽にご相談をして下さい。